Yoshitaka Arita Architect Office

BAR VISION

京都市中京区
BAR VISION
photogallery

1926年に建てられた旧京都中央電話局の建物が2001年にリチャード・ロジャースにより商業施設として改修、増築された。BAR VISIONはその際最上階につくられた期間限定のイベントスペースである。
改修後の施設では設備関係の機器を全て床下に設置するよう設計されたため、旧電話局の床レベルから950mm上がったところに新しい床がつくられた。つまり、新しい建物は950mm上にズレた状態で古い建物に重ねられている。
この、新旧ふたつの床の間に出来た「スキマ」を手がかりとして、BAR VISIONはデザインされ、短い設計期間と、限られた予算の中、シンプルな仕掛けで効果的に空間を変化させることを目指した。特殊なストーリーを持つ床下空間と、期間限定という条件がこの設計を可能にしている。